【気が付ける人】が生き残る!?

「気が付ける人になりたいな~」

「気配りできる人になりたいな~」

この記事はそんな方へ向けて書いています。

初めまして、この記事を書いている私は「ロダンフィールズ公式コンサルタント」です。

あなたは気が利くって人に言われたことがありますか?

気配りができる人。

気が付ける人。

ってどんな人か

見ていきましょう

■気が付ける人とは

「よく数人で食事をしていて、いつの間にか取り分けてくれたり、空いたお皿を片してくれたりしてくれる子いますよね?」

男なら一回は好きになりますよねw

いい奥さんになりそうと勝手に妄想w

つまり、気が付けて、気を配れる人です。

仕事でも

上司「これコピー全部取っといて」

あなたはコピーして持っていきますよね?

気が付ける人は、言われた事+1にする能力があります。

「あれが必要かな。」「あれあった方がいいよな」

●クリアファイルに入れて渡したり。

●要点ごとにホッチキスで止めたり。

●付箋を貼っていたり。

あなたはどうですか?言われたことしかやっていないんではないでしょうか?

■気が付ける人になる方法

ズバリ!

「一歩先を考える」

「助かるだろうな」を考える

さきほど、「言われた事+1にする能力」といいました。

連想ゲームです。

コピー頼まれた→バラバラ→「1にする能力」ファイルに入れる

慣れるまでは訓練です。

■気が付ける人の特徴3つ

気を使える人は先の先を読んで行動できます。

●人が喜ぶことが好き

気配りされた方は喜びますよね?助かることをやってくれたんですから。

●頭の回転が速い

次を予想して動くので頭の回転が速くないと先が読めません。

●自分を犠牲に出来る

数人で食べていたピザが一切れ残りました。気が使える人は最後の一つに手を付けません。奉仕の心を持っているからです。

■まとめ

気が付ける、気を配れるスキルは今後さらに大事になってきます。当たり前が当たり前に出来なくなっている時代。

今以上に重宝されると思います。なぜなら

「人がハッピーになる」手助けをしているからです。

会社でよく思われてないな~と感じたらぜひ

気が付ける人に変化してください。

仕事が出来ることが一番ですが+1で気配りしてみてください。

まさにデニーロ(ベン)は気が付ける、気を配れるスキルの天才です。こちらの映画をぜひ見てください。