映画「マイ・インターン」面白かったんで感想

「人間関係に悩んでいたり」

「人付き合いが苦手な方」

この記事はそんな人向けに書いています。

初めまして、この記事を書いている私は「ロダンフィールズ公式コンサルタント」です。

「マイ・インターン」結果めちゃくちゃ面白かったのでシェアします。

あなたの人生に気づきを与えてくれる映画だと思います。

※アマゾンプライムで追加料金なしで見れます

予告編【あらすじ】

アン・ハサウェイ演じるやりてアパレル女社長のもとに、シニアインターンで再挑戦をする70歳の老人ロバートデニーロが入社、そこから人に「豊富な人生経験」をさりげなくアドバイスしていく「学び」「やさしさ」胸が熱くなる映画でした。

それでは映画を見た感想を見ていきましょう

■十年後どうなっていたい?

デニーロ(ベン)が面接で質問された言葉「10年後どうなってたい?」

見始めて一番一瞬考えさせられた質問です。大手の企業ではよく使われてる質問みたいですが、ちょっと答えてみてくだい

「あなたの10年後どうなっていたいですか?」

僕の十年後は、明確になってます。

ゴールや、目標を決めると途中であきらめにくくなります。

マラソンでゴールがなかったらどう思いますか?

「いつまで続くんだこれ?」「走る意味ある?」

ゴールがないと迷ってしまうんです。

ゴールがあると、何キロポイントで水分補給とか、ペースを考えたり、計画的にゴールに向かっていけます。

ぜひ「ゴール」「目標」は先に考えたほうがいいです。

「何をやっていいかわからん!」

僕もそうでしたw

では理想は何でしょうか?

●お金に苦しまないでくらしたい。

●楽をしたい

●海外で暮らしたい

立派なゴール、目標です。

それを叶えるためにはどうするか?ぜひ行動してください。

■人の為に動く

「マイ・インターン」ではデニーロ(ベン)の行動が鍵です。

人の為に動ける人とはどういった人でしょうか?

僕はこう思います。

「心に余裕がある人」

心に余裕があると、人のことが良く見えるようになり、視野を広く見ることができます。

逆にアン・ハサウェイ(ジュールス)は忙しすぎて余裕がなくなり、人のことが良く見れなくなってきます。

「心に余裕」を持たないと人の為に動くことは出来ない。

■言霊

言葉ってすごい大事ですよね。

最近問題になってます「ネットで誹謗中傷」誰が得してるんでしょうか?

●言葉で命を奪うことができてしまう。

●言葉で命を助けることもできる。

それくらい「言葉」って力があります。

デニーロ(ベン)の言葉に注目してみてみてください。

●誰も傷つけないように話す

●決して人を悪く言わない

ベンの言葉には「愛」を感じるはずです。

ぜひその辺を注目してみると勉強になると思います。

■みんなに愛されるには

会社で孤立してたり、うまくいかない人、人付き合いが苦手な人、。

「愛される理由」

この映画で学べます。

ベンのマネを今すぐにしていきましょう!

「自分中心ではなく相手を思う」

人気があり、愛されてる人って大抵、相手中心で考えてる人です。

あなたはどうでしょうか?

偽相手思いになってませんか?

アピールは逆効果ですよ。

本当に相手を思って行動していたら

「みんなに愛されてる」はずです。

この映画ではそこが学べます。

■まとめ

「マイ・インターン」ちょーおすすめ映画です。

早く見てくださいw必ずあなたの役に立つ映画です。

コロナで外に出るのすら制限されて、大変な時期ですが

だからこそ、僕はこの映画に出会えましたw

ベンのように、人の為に動ける人になれるよう今日も楽しんでいきます。

もし、人間関係に悩んでいたり、人付き合いが苦手な方にぜひ見ていただきたい映画です!